貯金がしたい!!家計簿を把握した後やること

貯金
貯金の目標額は、10年間で1000万円です❗️
浪費家でメタボ家計の我が家にはとてもハードルが高い金額だけど、うつ病と診断された夫のことを考えると「なんとかなるさ〜」なんてノンキなことを言ってられません。
なので、家計簿をつけて満足してしまいそうですが、節約と貯金の達人のアドバイスを元に1つづつやっていこうと思います。

毎月いくら貯金すればいい?

10年で1000万円貯金するということは、1年間で100万円貯金することになります。
そして1年で100万円貯金するために、毎月いくら貯金すればいいか計算してみたら・・・
約84,000円❗️ 
わぉ!∑(゚Д゚)
なかなかの金額じゃないですか!
一瞬、貯金額を500万円に減らそうかと思ってしまった(笑)
でも、せっかく家計費の予算も決めたので、まずはネットで検索するとよく出てくる「固定費の見直し」をすることにしました。

固定費の見直し

毎月の固定費は、「住居費」「車、生命保険代」「子供費」の3項目です。
住居費は住宅ローンが毎月125,000円ですが、金利も低く借り換えする手数料等を考えるとこのままが1番ベストなので、そのままにしておくことにしました。
子供費は、学校と習い事の月謝で15,000円です。
習い事は1つだけと決めているので減らしようがなく、学校の月謝も決まっているのでこのままにします。
生命保険は私と子供を合わせて17,760円ですが、家を建て替える前に見直して不必要だと判断したものは解約してあります。なので、これもこのままにします。
となると、固定費がなにも変わらないぞ?と思ったのですが、車の保険の見直しをしてみることにしました。
車の保険は2台分で25,610円です。
保険証券をよく見てみると車両保険が高いことがわかったので、この車両保険を止めることを決断しました。
そして、ちょうど保険の更新時期だったのと、子供の年齢が上がったのと車両保険をやめたのとでなんと、12,670円にまで保険代が下がりました!(2台分)
固定費を見直しは車の保険代だけになりましたが、12,940円も節約することに成功しました^ ^
やったー(o^^o)

食費の節約はメニューを先に決めないこと

食費や光熱費は、節約するしか方法がありません。

でも、正直どうやって節約すればいいのかわかりませんでした。

ネットで食費の節約を検索すると、食品をまとめ買いするとかメニューを先に決めて買い物に行くというのが多く出てきますよね。

なるほど~と思ってやってみたのですが、我が家の場合、家族の誰かが突然ご飯がいらなくなってメニューを変更したり、帰りが遅くなって外食になったりして、先にメニューを決めて買い物をしてしまうと応用ができませんでした。

いろいろと試してみた結果、我が家に最適な食費の節約方法は、買い出しは週2回、メニューは先に決めないことだということがわかってきました。

食費の予算は毎月5万円です。

ということは、1週間で約12,500円になります。

この金額におさまるように1回目はまとめ買いをし、2回目の買い物で調整しています。

と言っても、週予算の12,500円はどうしても超えてしまうけど(゚∀゚)

きっと買い物の仕方に何か問題があるんだと思います。
これは少しずつ試しながら改善していきます。
そして、節約の達人からみたら当たり前のことでしょうが、食材は1つずつ冷凍保存をすること!

下ごしらえはせず、そのまま小分けに冷凍しています。

こうやって週の予算を意識して、食材を冷凍保存するようにしたら毎月8万円の食費が7万円になりました!

まだまだオーバー気味な食費ですが、私にしては上出来!(笑)
今月は更に予算を意識して頑張っていきます!

日用品やネットショッピングの費用を削減するためにしたこと

固定費、食費の見直しで2万円ほど浮いても、まだまだ毎月の貯金額84,000円には程遠い( ; ; )
お金をムダに使っているとすれば、思い当たるのは日用品とネットでのお買い物です。
日用品は主に薬局やホームセンターでのお買い物。
安売りの時にまとめ買いはしていないのでムダは無い!と思っていました。
でも、毎月40,000円も使っているということはムダな買い物が多いってこと!
ネットショッピングはポイントがあるから・・・と、キャンペーンの時に欲しい物を買ってしまうので、ポイントをうまく活用して節約ということが出来ていません。
なので、日用品やネットで購入しているものを書き出してみました。
書き出してみて分かったことは、欲しいもの必要なものがゴッチャになっているということ。
欲しいものとは、あったら便利なもので絶対に必要なものではありません。
すでに持っている物でも、デザインがオシャレだったり可愛かったりするとつい買ってしまうので、同じようなものがいくつも家にあります。
これは完全にムダ遣いの部分です。
必要なものとは、トイレットペーパーやペットの餌など必ずいる消耗品で、無くなると困るものです。これは必要経費になりますね。
こうやって欲しいもの必要なものを分けて書き出すだけで、毎月40,000万円もいらないことがわかってきます。
欲しいものが全く買えないのはストレスになりますが、本当に欲しいのか?よく考えるいい機会になりました。
まだ結果がないので報告ができませんが、どこまで節約できるか楽しみです。

節約と貯金はセットです

貯金するためには節約は欠かせません。
余ったお金を貯金に・・・なんて甘い考えでは貯金なんて出来ませんでした。
どんなに収入を増やしてもお金の使い方を変えないと、いつまでたってもお金は貯まらないんです。
頭ではわかっていましたが、節約に苦手意識があってなかなか行動することが出来ませんでした。
でも、節約することが具体的にわかればやる気になってくるものですね。
節約するために実践したことは
・固定費の見直しをする
・食費は、メニューを決めずに週2回の買い出しにする
・日用品は、欲しいものと必要なものに分けてリストアップする
どれも簡単なことばかりなので、節約の苦手意識がなくなって楽しくなってきました。
まだ毎月84,000円も捻出するのは難しいけど、節約を楽しみながら少しずつ貯金額を増やしていきたいと思っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました