貯金が出来ない1番の原因はここにありました!

メタボ家計の我が家の現状 家計簿
節約や貯金をするためには家計の現状を知らなければいけない・・・と、節約や貯金の達人は必ず言っています。
毎月いくら収入があるのか、生活費はいくらかかるのか、1年でどのくらいお金が必要なのか・・・お金の流れがわからないのに貯金なんて出来るはずがありませんもんね。
頭では分かってはいましたが、今まで家計簿をつけても1ヶ月も続いたことがありませんでした。
だから貯金が出来ないんですね私。
なので今回は絶対に貯金をするぞ~ということで、達人を見習って3ヶ月間家計簿をつけてみました。

3ヶ月間の家計簿の平均を公開!

固定費
住居費    125,000円
子供費    15,000円
生命保険   17,760円
車の保険   25,610円
小計    183,370円
※住宅ローンのボーナス払いは無し
変動費 
食費     80,000円
光熱費    30,000円
日用品    20,000円
通信費    6,000円
ガソリン代  15,000円
ネットショッピング     20,000円
コンビニ   20,000円
雑費     15,000円
小計      206,000円
合計 389,370円
うげっ(°▽°)
かなり多いですよね・・・
実はこの家計簿、変動費はカード精算のみのものです。
それ以外にも、歯医者に行ったり友達とランチしたりするお金は別に出ていきます。(多分1~2万円くらい)
それから外食費、レジャー費、衣服費、夫のお小遣い、夫のがん保険はこの家計簿に含まれていません。
夫は会社員ですが副業をやっていて、会社からのお給料とは別に収入があるので生活はなんとかなっていますが、夫が働けなくなったら・・・と思うとゾッとする家計簿の結果です。
我が家は相当なメタボ家計ということが、3か月間家計簿をつけてみて初めて分かりました。

メタボ家計の原因を追求

よそのお宅の家計簿をネットで見た時は本当に衝撃でした。
自分では贅沢してるつもりがなかったので、なんでこんなに違うの?と疑問でいっぱい。
食材はお買い得品や価格の安いものを選んでるし、無駄のないように上手に使ってたつもりだったし、私が働いている時は食費が毎月13万円を超えていたので、毎月80,000円でも節約できたーなんて喜んでたほどです。
だけど家計簿をつけてみると、原因はちゃんと明らかになってくるんですね。
まずメタボ家計の大きな原因は、変動費を全てカード払いにしていることにあると思います。
カード払いだとお金を使っている感覚があまりなく、毎月カードの請求金額分をもらうという生活費のもらい方でした。
そして、項目ごとの予算も決まっていないから、使い過ぎてしまいます。
コンビニでの出費はタバコが主で、ついでにお菓子やらジュースを買うから高くなっています。
ネットショッピングは、ポイントを使えば安く買えるから・・・と、調子に乗って欲しいものをドンドン買ってたので気づいたら20,000円になっちゃってます。
はぁ(・Д・)
何もかも、見直しが必要ですね。

家計簿の見直しは予算を決めることから

これも当たり前のことだけど、変動費の予算を決めてみることにしました。
ネットで見た家計簿を参考にした我が家の予算はこちらです。↓

まぁちゃん家の変動費予算

食費    50,000円
光熱費   25,000円
日用品   15,000円
通信費   4,000円
ガソリン代 8,000円
ネットショッピング   10,000円
コンビニ&雑費  10,000円
小計   122,000円
予算を決めただけで84,000円もお金が浮いてきます!!
すごーい・:*+.\(( °ω° ))/.:+
固定費も見直せば、もしかしたら節約できるかもしれませんね。
ちょっとやる気が出てきました!

予算を決めたらやること

予算を決めただけで満足していまいそうですが、項目ごとにどんな節約をするのか決めていこうとおもいます。
食費の節約をするためにどうするのか、光熱費を節約するために何をするのか、節約上手な方の情報を元にやれそうなことをピックアップして実践しないと意味がないですもんね。
ネットで検索すればたくさん情報が出てきますが、全部やろうとすると何がよかったのかわからなくなるので、まず1項目につき1~2個の節約術をやっていこうと思います。

家計簿をつけることの大切さ

節約と貯金をするために絶対に外せないのは、やっぱり家計簿をつけることですね。
3か月間家計簿をつけただけですが、お金の流れが見えたことムダ遣いの原因がわかったことお金の使い過ぎ対策が見つかったことはとても大きな収穫でした。
たった3か月でこれだけの発見が出来るなら、1年2年と家計簿を続けていけばもっと貯金が出来そうな気がしてきます。

これからも家計簿をつけていき、予算に合わせて節約しながら貯金をしていこうと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました